現代医学の父【ヒポクラテス】の格言


今やAyurvedaは様々な方々に存在を知って頂ける時代になり、多方面の職種の方々の生活に根付いていると感じます。Ayurvedaサロン様も増加傾向にあり、施術も比較的受けやすい時代になってきましたね


私もAyurvedaの施術を受け、学びを深める1人として誇りを持ちセラピスト以上に精進してゆこうと思います



Ayurvedaの中で必ず目にする


現代医学の父「ヒポクラテスの格言」をご紹介します


他医療を学ぶ方々も目にされているかと思います


目を通すだけでも大変興味深いです



・歩くと頭が軽くなる


・火食は過食に通ず


・まずは何よりも害をなすなかれ


・全ての病気は腸から始まる


・歩く事は人間にとって最良での薬である


・満腹が原因の病気は空腹によって治る


・月に1度断食をすれば病気にならない


・病気は神が治し、恩恵は人が受け取る


・汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ


・人は自然から遠ざかるほど病気に近づく


・病気は食事療法と運動によって治療できる


・食べ物で治せない病気は、医者でも治せない


・人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている


・賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ


・病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない


・私たちの内にある自然治癒力こそ真に病を治すものである


・極度に激しい疾患は、極度に激しい治療が最も有効である


・健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない


・筋肉を充分に使っている人は病気に罹りにくく、いつまでも若々しい


・心に起きる事はすべて体に影響し、体に起きる事もまた心に影響する


・食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか


・患者に発熱するチャンスを与えよ。そうすればどんな病気でも治してみせる


・人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる


・病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る


・病気は人間が自らの力を持って自然に治すものであり医者はこれを手助けするものである



今の学びのお仲間であるお一人精神科医の方が言っておりましたが、


この格言を見た事はあるが、記憶に残るものとしてまでは学ばないと、、、



ですが、この内容は全てAyurvedaに通じている考えであり


本質的な内容から知れ、そして方法を教えてくれる


それがAyurvedaのおもしろさと感じております





特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square