夏は白湯だけではございません!


良くある質問、


「お白湯」について。




夏の暑い季節…白湯じゃなきゃダメなの~?


というご質問を良く頂戴致します。



アーユルヴェーダといえば、お白湯ですが取り方や取る上での工夫によってお勧めがあります。



★夏から秋★


夏は、太陽が私達に近づいてきて、生き物の身体の中から水分を奪い、乾燥させて弱らせる季節です。暑く身体が弱る季節に無理に白湯をすする必要はなく、湯冷ましを積極的に飲んでみてください。利尿作用でむくみの緩和にもおすすめです。



秋は夏の間に蓄積したピッタという熱要素の影響が強く、夏同様に湯冷ましがおすすめです。



お湯を沸かして保温ポットに持ち歩く人、お茶やチャイ、コーヒーを1日に何杯も飲むという習慣のある人は、それを白湯に置き変え3日もすればみるみると体調が改善することに驚くはずです。


消化不良による身体の倦怠感を取り除くには1日に数回に分けてお試しください。



ですが、



味のないお湯や熱い飲み物を苦痛とし好まないという方、


暑い季節に暑い飲み物を勧められない体質の方もいます。



急激に奪われる水分を効率よく補充するために、白湯ではなく甘味があって香りのついた水がピッタリです。



コリアンダー水


しそジュース


ミントやレモン水


きゅうりウォーター


梅ジュース


アロエジュース


等々もおすすめです。



スーパーに売られる夏の旬なお野菜が料理だけではなく飲み物に。


是非お試しくださいねー(^o^)

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square